Saturday, 14 April 2018

POSTELEGANT 2018SS collection

今週末からタイでは旧正月「ソンクラン」 別名「水かけ祭り」が始まりなんだか楽しそう。かくいう私も来月、自分への労い旅行に行くつもり。楽しみ。 
気温があがってくると色物が着たくなるのは遺伝子からの信号か、私はそんなに着ませんが女性が着る「赤」ってすごくセクシー。 
そんな赤いコレクションが目を引く、2018春夏で一番の推しブランドがCEMENTに登場です、しかも春夏の取り扱いは都内はCEMENTのみ! の勝手にエクスクルーシブ感。
とにかく良いんです。 

POSTELEGANT (ポステレガント) 

デザイナーの中田優也氏は名古屋学芸大学在学中に渡仏、Académie Internationale de Coupe de ParisLutz Huelleを卒業、Lutz Huelleでのスタージュ後に帰国。帰国後に名古屋学芸大学を卒業しその後文化ファッション大学院大学に入学、そして首席で修了。
様々な企業でのデザイナーを経て自身のレーベルをスタート。 

素晴らしい経歴。当たり前の様にコレクションの完成度の高さも◎なのです。
特筆すべきはその素材使い。とにかくマニアックな素材への探究心がコレクションの完成度を更に高めており、ただただ唸るばかり。。。  
ビジュアルセンスも良い。 
私、良いしか言ってない。。。 とにかく言葉要らずのカッコよさ。



SS18のシーズンテーマを伺ったところ、特に毎シーズン決めていらっしゃらないとの事でしたが、シーズン通して意識している事は

「違和感を持たせる」

だそうです。

普通っぽく見えてどこか違和感。 

僕がとても好きなキーワード。 だから無意識のうちにコレクションが好きだったのかもしれないですね。




















レザーシャツは私のイチオシ(既にSOLD OUT )でした、裏地の始末の良さがシャツの仕立てを更に際立たせ、革の艶も極上。




赤いTシャツとパンツ(両方ともにSOLD OUT)Tシャツの素材にはユーカリの繊維が
編み込まれていて(香りはしませんよ、念のため)極細の番手で織られた布地は薄手ながらも芯のある凛とした佇まい。 
そこに光沢素材のパンツで赤のコントラスト。 























歪んだギンガムチェックの素材には和紙を繊維として組み込み、形容しがたい素材のコントラストが服のシンプルなシルエットを際立たせております。
合わせたベルトはPOSTELEGANTの定番でもあるデッドストックのアルミニウムバックルを用いたもの。 






















同じくギンガム素材のバッグ。持ち手はレザー。ショルダーにもトートにも出来るバッグ。
私はルックと同じくトート持ちをおすすめ。


ブログで紹介するまでの間に(ブログの頻度が遅いというか間に合ってない 汗)

ソールドアウトも出始めております。 
まだ先ですが秋冬のコレクションも私、、唸ってました。笑


袖を通した瞬間から既にセクシー。 


とっても大事。 


tajima 




No comments:

Post a comment